処女は出会い系サイト・アプリに実際にいるのか?筆者が体験談を基に解説

ハッピーメール

業界最大手の会員数・2700万人を誇る「ハッピーメール」。無料ポイント付き。サポート運営で安心利用!

ワクワクメール

サポート体制が充実!会員数1000万人突破の老舗サイト。

PCMAX

会員数1700万人突破!運営開始から約15年の安心サイト。

クエスチョンマークの画像 出会い系サイト

\会員数日本一、無料ポイントあり!/

\安全性が高い!無料ポイントあり!/

性的経験がない女性、いわゆる「処女」は出会い系サイト・アプリに登録しているのだろうか?筆者が、実際の体験談を基に解説する。

まず結論を述べる。処女は実際に出会い系サイト・アプリに存在している。筆者自身、数人の処女に会ったことがある。但し、その数の割合が全体の中で多いかは定かではなく、筆者の体感上は、少ないように感じられる。また理論的にも、初体験の相手がWEB上で出会った男性になってしまうため、2020年代の現在は(今後世の中の価値観が変化する可能性もあるが)、処女が出会い系サイト・アプリで初体験を済ませるケースは、少ないのではないだろうか。

女性の容姿については、派手な人よりは地味な人が多いようにも感じられる。しかし他方で、女子校出身者でそういった機会が偶然なかったという人もいるものと思われるため、一概には言い切れない。あくまで傾向の話である。

それでは、女性が初体験を出会い系で済ませたらどうなるのか。ここからは、実際に経験した後の気持ちを、男性目線・女性目線でまとめてみた。

男性から見た場合

実際に、処女の相手をしたことがある男性の筆者としては、その後もやもやした気持ち・やるせない気持ちを抱いたというのが正直な印象だ。もちろん、世の中で性的嗜好によって敢えてそういった女性をターゲットにしている男性がいることは承知しているが、一般的な感覚から言ったら、その体験はとても快いものとは言えないのではないか。”本当に自分でいいのか?””女性にとってどんな体験になっただろうか”という想いが、どうしても拭えないからだ。またフィジカル的にも、女性が痛い思いをしてしまうことが多い。それを赤の他人である自分が見てどう思うだろうか。想像していただけると幸いだ。

女性から見た場合

女性から見た場合、”早く処女を捨てたい”と思っていて出会い系を利用する場合が多いように感じられる。中にはメッセージのやり取りで内情を明かしてくれる人もいるし、会った後にその事実を告げてくれることもある。稀に、女性が掲示板を利用して募集をするという場合もあるかもしれない。

並々ならぬ想いや特別な事情があるのなら別だが、筆者は、女性が焦って出会い系で処女を捨てることは避けるべきだと考える。理由は安全面など含めて様々あるが、人生の中での思い出・記憶としてどうなのか、という点が意外にも大きいように感じられる。男性である筆者も実は、出会い系で初体験を済ませているのだが、プラス・マイナス様々考えて、その行為はあまりいいものではなかったのではないかとも感じている。女性ではなおさらそうではないか、と思慮してしまうところだ。

この手の内容の記事では、サービス紹介のためなどで出会い系利用を推奨する内容が多いものと思われる。しかし鵜呑みにしてはいけない。自身の人生の長いスパンでの幸せのために、状況に応じて使うべきである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました