【必見】お金がない時に出会い系で男がエッチする方法

ハッピーメール

業界最大手の会員数・2700万人を誇る「ハッピーメール」。無料ポイント付き。サポート運営で安心利用!

ワクワクメール

サポート体制が充実!会員数1000万人突破の老舗サイト。

PCMAX

会員数1700万人突破!運営開始から約15年の安心サイト。

ラブホ街のイメージ画像 出会う方法(攻略法)・ノウハウ

\会員数日本一、無料ポイントあり!/

\安全性が高い!無料ポイントあり!/

世の中では、エッチに誘う場面において、女性より男性の方が必要経費を多くお金を支払う傾向が強い。例えば飲食代、ホテル代などは男性が多く負担する、といった具合だ。そこで今回は、男性がお金のない時に出会い系でエッチする方法を紹介する。

出会い系を使う時には①信頼できるサイト(アプリ)で②無駄金を遣わない

まず女性と知り合うために、出会い系アプリを使う。その際に最も重要なことは、信頼できるサイト(アプリ)を選ぶことだ。ここでサクラが多く登録しているサイトや登録者が少ないサイトを選んでしまうと、時間とお金を浪費してしまうことになる。昨今数多くのサイト・アプリがリリースされているが、信頼性が高いものは、ネット上の数多くの口コミなどからおのずと限られてくるはずだ。

筆者は①ハッピーメール②ワクワクメール③PC MAXの三本使いをおすすめする。またTinder、タップルも信頼できるアプリだ。①Tinder②タップル③ハッピーメールなどの組み合わせでも良いだろう。

ここで複数サイト(アプリ)への登録を推奨する。詳細な理由はまた別の機会に述べるが、端的に説明すると、男性は競合相手が多く、一人の女性とマッチすることが難しいからである。複数サイトへの登録はデメリットも少ないので、メッセージのやり取りなどのキャパシティがある人は検討して良いだろう。

そして次に重要なことが、ずばり「無駄金を遣わない」ことだ。今回の記事では「お金がない時」と言っているので、いやましにまして当然でもある。よくネット上では「出会い系で無料で出会えるのか(エッチできるのか)?」という質問が投稿されているが、筆者は「できるとも言えるし、できないとも言える」と答える。それはやり方や運(確率)の問題もあるためだ。

但し、これから以下に説明する方法を試すと、ほぼ無料でエッチすることができるはずだ。

要点はどのサイト・アプリにおいても同じで、「業者やサクラを避けて、素人の女性にピンポイントでアプローチする」というこの一点のみに尽きる。素人の女性とやり取りをしてうまくいかなかったのなら、必要経費とあきらめもつく。しかし、出会い系には残念なことに業者やサクラが混じっていることが多いのである。このポイントは、筆者も初心者の頃には気付かなったが、攻略の上でかなり重要なウエイトを占めている。つまりターゲットにピンポイントで的を絞ることで、初回無料体験のうち女性とエッチしてしまうことも可能になるのだ。(例えば120P分が付与※1メッセージ=5P消費 されたとしたら、24回もメッセージのやり取りができる。)

例えば、ハッピーメール、ワクワクメール、PC MAXの例で解説する(プロフィールの作成などはここでは割愛するが、女性が安心できる内容にするようきちんと行っておこう)。まず女性からの募集(掲示板)は一切読まない。なぜならその大半は、金銭等を要求してくる業者からの書き込みだからだ。
もちろん稀に、良心的な女性からの書き込みもある。しかし、それを見極めるのには経験値も必要であるし、文面で全てを判断するのもかなり難しい。それなら、一切無視してしまうというのはある意味有効な手だ。

そして次に、無料でできるアクションを全て使い倒す。例えば24時間間隔を空けた後の掲示板への書き込みが無料だとすれば、それをフル活用する。募集メッセージは、自分が作り上げたテンプレート(コピーアンドペースト)で良い。WEBマーケティングの基本でもあるが、まずはImpression(視認数)を確保するために、できるだけ多くの掲示板に書き込もう。

書き込み・プロフィールが一定のクオリティのものだったら、必ずいいね(いいかも、タイプなど)やメッセージが来る。そこで相手のプロフィールから素人女性であることを判断し、やり取りを進めていこう。

また、足跡のみを付けた素人女性を追いかけてメッセージするのも策の一つだ。上記の例ほどはモチベーションはないかもしれないが、足跡を付けたということは類似の内容に興味を持っていることも十分考えられる。

筆者は上記の方法で、無駄なコストをほとんどかけずに女性と出会い、エッチをしてきた。最後に余談にはなるが、やり取りが上手くいった後に実際に会う場面で、お金が無い時でも対処できる方法を付記しておく。

お昼間に会う、晩ご飯を食べた後に会うなど居酒屋以外にも多様な選択肢がある

初対面のままホテルや自宅に行くケースもあるが、やはり人間同士の付き合いである。とりあえず「飲食」の約束を取り付ける、ということもあるだろう(むしろその方が自然とも言える)。そこで考えたいのが、飲食で最もお金がかかるのが「夕食」、とりわけ「居酒屋」などであるということである。飲食業では、夜になると客単価が上がる。これが意外にもお金がない時には男性側にとって負担になるのだ。相手側の分も払った時には5000円以上、1万円近くになることもある。

もちろん、エッチは夜に、そしてお酒を入れた時におのずとしたくなるものであるため、ここは是々非々で判断する必要がある。但し、夜に会ったから、お酒を飲んだからといって必ずエッチできるというわけでもない。昼に会う場合は、一旦カフェなどで会って2度目に繋げても良いし、うまく誘う必要があるが、白昼堂々ホテルや家に行っても良いだろう。

ここで筆者が伝えたいのが、いわゆる「晩ご飯→(アルコール入り2次会)→ホテル・自宅」といったコースが全てではないということである。
姑息な話に聞こえるかもしれないが、夜遅くにお互いが晩ご飯を食べた段階で集合するというのもありだ。筆者はかつて、終電間際に集合したこともあるし、初対面の直後にコンビニのアイスクリームを食べてホテルに行ったこともある。夜のマクドナルド集合も、意外と有効。周囲に人がいて安心できて、話も弾む。シラフという点でうまいハンドリングが求められるが、とにかく、知恵を湧かせばいろんな行動の選択肢が採れるということである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました