オーイシマサヨシ、違法エロサイトBGM使用に憤慨?「お前の曲が使われてて使いにくい」って友達からクレーム来た

ハッピーメール

業界最大手の会員数・2700万人を誇る「ハッピーメール」。無料ポイント付き。サポート運営で安心利用!

ワクワクメール

サポート体制が充実!会員数1000万人突破の老舗サイト。

PCMAX

会員数1700万人突破!運営開始から約15年の安心サイト。

パソコンのイメージ画像 疑問

\会員数日本一、無料ポイントあり!/

\安全性が高い!無料ポイントあり!/

シンガーソングライターのオーイシマサヨシ(大石昌良)が2019年8月4日、自身のTwitterを更新。『「えっちなサイトにお前の曲が使われてて使いにくい」って友達からクレーム来たけどまずこの友達から訴えればいいですか』とツイートし、アダルトサイトでの自作曲使用について赤裸々に綴った。

オーイシは2020年3月1日付のツイートでも、「気のせいかもですが僕の作った曲TVのバラエティとか情報番組で使われる率高いっぽいんですかねあとアダルトサイトとか気のせいかもですが」と綴っている。

果たしてこれらのツイートは、いったいどういった意味なのだろうか。

実は違法ポルノサイト「Avgle」に投稿されている複数の動画のオープニングで、オーイシが作詞作曲・編曲を手掛けたどうぶつビスケッツ×PPP「ようこそジャパリパークへ」(2017、テレビアニメ『けものフレンズ』オープニングテーマ)と酷似したインストゥルメンタルが流れる仕様になっているのだ。これらの音源の使用は、2018年頃から始まったものとみられる。

同曲が使用されるようになった経緯や理由は、不明。しかしながら一連のツイートから、作者本人が楽曲使用を認知していることが、明らかとなっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました